家計のやりくりをする主婦の身の私はなかなかのケチです。

外食はしない! 無駄な買い物はしないように満腹時に出かける! そういった風に徹底をしている程。けれどやはり女は棄てられないものです。オシャレがしたい! そう思ってしまう事は女性ならば普通の事なのではと、思えますね。

けれどそれは、主人も同様のようです。

私の主人の勤め先はスーツ通勤ではなく私服通勤となるので、基本的にラフな恰好OKとのことで、私服の洗い替えが必要不可欠。
この夏場の季節ですとやはりTシャツにチノパンやレギパンを履いて通勤しているのですが、ボトムスは2回・3回程度で洗うものですがTシャツは完全にデイリー使いのものなので、最近は安くてもデザイン性の良いものを幾らか購入するようにしています。
流石にスーツ類などは、ちょっと良いものを買うのですが、通勤などで使う普段着はそこまで高価なものを購入しなくても充分に着こなしが出来るものですよね。
1000円以下のTシャツであったとしても、やはり普段着る分には全く問題が無いと最近では思えるようになりました。
そして意外と持ちがいいのです。1000円以下となるとどうも微妙じゃないのかと、思ってしまうものですが、洗濯ネットに入れて洗濯をしていれば、そこまで型崩れを起こすことも無いので、これは重宝出来るのでは? と、思えました。
やはり首周りがヨレやすいという欠点もあって1シーズンくらいが限界なのでは? とも思えますが、それでもよく持つ方なのではと、思えます。
普段着は安く・スーツ類はいいものを。
これは結構上手な買い物の手段なのでは? と,思えてしまいます。

私がスーツを買いに行く時には、まず私がひいきにしている『洋服のはるやま』のチラシを見て、土・日・月限定の5着限定の¥1,990-~¥2,990-(税別)を狙って下見に行きます。
皆さんおわかりのように服を買いに行く時は人によってそれぞれサイズが異なり、服と自分の体形が合ってるか確認する必要がございますので、『これ下さい』『はい、わかりました』というわけにはいかず、わざわざ店まで行かなければならないという手間がかかります。

しかし、この『洋服のはるやま』で、色はいまいちですが、¥2,990-の春物のスーツを2着(うち1着はツーパンツ)を買いました。
あと、だいぶ昔ですが、尼崎の『洋服のはるやま』で、完全閉店セールがあり、夏用のフォーマルスーツを¥5,250-で、あと値段は忘れましたが少しウエストが大きかったですが、スラックスも2着買いました。
私からの個人的な意見ですが、『洋服のはるやま』はお勧めです。店員さんもとても接客態度が良く、ダイレクトメールもよく届きます。

女性ファッションでも数年前流行ったサルエルパンツ。

メンズファッション、主にサロン系(美容師さんみたいな服装の男性)・お兄系などでも流行を見えて、一時期そのドレープのうきいたサルエルスタイルから『スカート男子』なんて言葉も少し聞きましたよね。
けれど、このブームが過ぎ去ってからというものの、まだ一部では人気の高いファッションのようで女性で言うのであれば青文字系……個性派の男性には好まれて履かれているようですね。
私の家の近所にはシマムラ系列の超プチプラリアルショップのアベールがあるのですが、こちらにも未だサルエルパンツいくらか取り扱っているようで、未だ一部人気が伺えるなと思えます。

さて、そんなサルエルパンツですが……私自身最近気がついた法則があります。
このパンツ似合う人全く似合わない人が綺麗さっぱりに分かれるのです。
その黄金比と言えるものは『身長』です。実際に155cm程度の私もよくサルエルを履いてマニッシュなファッションをするのですが、それいいねと私のユニセックスのフリーサイズサルエルを180cmを越える主人が履くとドレープが全く無くなり何だかとてつもなく不格好になってしまうのです。やはり175cmを越える長身男性にはなかなか似合わないとのこともネットの情報なのでも書かれていますね。
やはり長身の方には脚をいかに長くキレイに見えるかチノパンなどスッキリしたスタイルのボトムスの方がぴったりなのではと、思えてしまいます。