まったくファッションへの興味が薄いだんなさん。
夏なんて暑いからとTシャツジーパンでどこでも行ってしまうので、冬以上にいろんなことが適当になります。
なんとかそこを、まあ興味を持ってもらうのは無理にしても、私の力でどうにかみられるようにならないかと苦心して
夏のファッションように前に買ったのが、ブランド物のTシャツです。
いまどきユニクロでもおしゃれなTシャツ売ってますよね、もちろん知ってます。
でも、ここはちょっとおしゃれな方が着ているものをあてがってみよう、と思たっていろいろ探しに探して
ちょっと値段は、そりゃユニクロとかに比べれば上がってしまいましたが見つけたのが
アバクロのTシャツです。
アメリカのカジュアルブランドでデザインがすごくおしゃれなんですよね。
うちのだんなさんは、上半身がXL,下半身がLサイズの、上半身大きめ体型なのでネット通販にしたためサイズには迷いましたが
噂では少しシェイプされているラインということだったので、XLでいってみようと2枚ほど購入。
デザインはもちろん、購入時にチェックしたとおりおしゃれなんですが
着たときのラインがすごくカッコよくてびっくりしました。
間違いなく、ただのTシャツじゃないですか。ブランド代だと勝手に思ってましたし、デザインがおしゃれだからいいやと思ってたんです。
でも、ちがいます。伊達に値段は取らないね、という結論に達しました。
馬鹿にできないものですね。

 

最近の会社員の皆さんは大変ですよねえ。
昔は会社にはスーツを着ていけばそれでよかったと思うんですが
今はなかなかそうはいかないじゃないですか。
金曜日は少しカジュアルに、なんていう会社もあるんでしょう?
今まで平日はスーツ、土日はだらけるための服、とばかりに楽な服を着ていた人たちは大変ですね。
それに、6月にでもなれば今はクールビズとやらで、スーツ着ていればいいってもんじゃないってことになっていますし。
クールビスになれば、やっぱり少し半袖のシャツにはこだわってほしいですね。
ポロシャツみたいなのでもいいんですけど、パリッとした感じがあるものがいいです。
あと、ネクタイをつけないので、襟周りと開け具合にはこだわっていただきたいですよね。
どうしても目線が行くところですし。
いくらクールビズだからといって、だらしない感じになってしまっては元も子もない、ですからね。
今はデパートなどでも紳士ものはこれからの時期一気に売りに出ているようです。
クールビズといえどもスーツを脱げない人たちに涼しい素材のスーツとかもありますね。
昔よりもメンズの夏の仕事服は、たくさんの消費行動を生むのかな。
私は男の人が少しカジュアルになってくるクールビズの季節は好きですが、
秋冬のスーツよりファッションセンスも問われてしまうし、男性はいろいろと大変なのかもしれませんね。
男性のおしゃれも大変だ。

 

 

 

 

私の主人はほぼユニクロで普段着はすませています。
ジーパンだけはリーバイスとこだわりがあるようですが、それ以外は全くありません。
以前、私の趣味で洋服を購入してきたところ、まったく袖を通さず、数年たち、結局私の父の農作業服へと変化した痛い思い出があり、それ以降、主人の洋服に関して口も手もださないことにしました。
確かにユニクロは便利だし、私もよく利用します。ユニクロの中でも気に入ったものをいつも、いつも、いつも、着ている感じです。
しかし、もう43歳。いい加減ユニクロから卒業し、少しは大人な格好をしてほしいと思っています。基本的に洋服など装飾品に全く興味がないし、着飾ること自体を気持ちが悪いと思っているようです。一方で、スーツのときは靴はリーガルじゃなきゃだめ、など、変なこだわりがある点も困っています。
ただ、私自身も40歳になり、洋服に迷いがでてきました。主人もよくわからないのだと思います。一緒にいるときにはバランスがとれた夫婦でいたいので、私のファッションもどうすればよいか気になるところです。

うちの旦那さんは今までサーフカジュアル(サーフィンは全くできない)でしたが、35歳を超えた昨年から頻繁にダンデイな恰好がしたい、と言い始めて、洋服を買うお店もガラッと変わりました。でも、私自身、ダンデイとはどういったファッションか漠然としか思い浮かばなくて、一緒に買い物に行っても迷ってしまいます。(ダンデイというと岩城晃一さんくらいしかわからない・・)こないだ、旦那さんが靴を買いに行くと言って一人で出かけて行きましたが、なぜか冬なのにデッキシューズを買ってきました。これを素足で履くとカッコいいだろう?と言っていましたが、彼の頭の中はダンデイ=石田純一さんなのかもしれません。その次の休みの日はハンチングを買ってきました。それを嬉しそうにサーフブランドのダウンジャケットに合わせていましたが、完全にチグハグな印象です。またまだダンデイ模索中です。面白いし温かく見守ろうと思います。ちなみにデッキシューズ、冬用のごつい靴下を履いて試着したため、素足で履くとブッカブカでした。頑張って履いていますが。

うちの夫、自分で服が買えません。結婚前は下着からジャケット、シャツ、靴、鞄にいたるまでお母さんまかせで全然疑問に思わなかった人なのです。そういえば付き合っているころ、「なんだか派手な色の(エンジでしたが)ジャケットを着ているなぁ。女の人が選びそうな色だなぁ。」と思ったことがありましたっけ。
とにかくお母さんが購入して着た物を文句も言わず適当に組み合わせて着ていたようです。センスもだから、イマイチ。イマイチどころか、イマサンくらい、、。
で、結婚後は妻の私が購入しております。
夫は特にイケメンでもなんでもありません。どこにでもいる普通のおじさんです。お風呂は大好きなので清潔には心がけていますが、年もとってきましたので髪の毛もまあちょっと寂しくなってきました。
そんな夫に何を着せているか。イケメンでない夫をいかにこざっぱり見せるか。
これにはまず、年相応の高価な服を着せる、の一言につきます。いくらイケメンでも若くないおじさんは安い物を着せたらあっというまに「変なおじさん」です。
そこでブランドの力を借ります。おじさんでもバーバリーのジャケットやカシミア100パーセントのコートを着せ、土屋鞄のビジネスバッグを持たせ、パパスのシャツを着せ、イタリア製の靴を履かせれば電車の中で痴漢と間違われたりしないんです。
若くないおじさんには高い物を身につけさせる、これですね。